ベビー乳酸菌

ベビー乳酸菌の効果

更新日:

 

毎日乳酸菌を飲んだ方がいいっていうのは知っていますよね。
ちなみに乳酸菌(にゅうさんきん)関しての知識として以下をまず・・・

発酵によって糖から乳酸をつくる嫌気性の微生物の総称です。
腸管内で悪玉菌の増殖を抑えて、腸内環境を整調整する役目があります。

作用としては発酵によって糖類から乳酸を作り出すことができる性質を持つ微生物のことを言います。  多くは人体に有益な菌のため「善玉菌」と呼ばれることが多いようです。
含まれている食品としては、ヨーグルト・チーズ・漬け物はみなさんご存じと思います。
日本酒なども乳酸菌が関与しています。ヨーグルトなどでよく知られているビフィズス菌も乳酸菌の一種となります。

乳酸菌は腸内で大腸菌など悪玉菌の繁殖を抑えることで、相対的な腸内菌のバランスをとっています。 その結果、便通の改善だけではなく、血中のコレステロールの低下や免疫力を高めて結果的にがんの発生をすくなくする効果など、いろいろな働きがあると最近は報告されています。
最近ではピロリ菌の増殖をふせぐなど、いろいろ特徴のある機能を持つ乳酸菌の研究がさかんです。

乳酸菌などの腸内環境を整える微生物のうち、生きて腸に到達できる有用な微生物を特にプロバイオティクスといいます。 またオリゴ糖などその栄養源となりプロバイオティクスの増殖を助けるものをプレバイオティクスといいます。

ヨーグルトを食べている。
ヤクルトを飲んでいる。
キムチを食べている。

人によって乳酸菌の摂取はいろいろですが、テレビなどの影響もあって最近は健康のために多くの方が乳酸菌を意識して食べている傾向があります。
ただ注意点があります。 取り入れようとしている乳酸菌は実は「熱にとても弱い」のです。
知っていましたか?

一般的な乳酸菌は熱に弱い特性を持っていますので、体内に食べこまれても体温に弱く(体温でもあついということ)、腸管内での働きがあまりよくない可能性があります。
乳酸菌を摂取しているわりにはなぜか腸内環境が改善されない・・・とご不満に思う方の体温は乳酸菌にとっては高いのかもしれません。 「思ったほど効果がないなー」と、そのように感じてしまっているかもしれません。

 

さて 「ある乳酸菌」が熱にとても強い特徴を持つことが発見されています。
その乳酸菌の名前は、ヒト由来の「クリスパタス菌」です。 クリスパタス菌は、日本人女性の産道に多く存在している乳酸菌だそうで、産道をとおって生まれてきた赤ちゃんはその過程でおそらく口から腸のなかに入ってきているのでしょう、備わっているそうです。
180度で15分間加熱してもその活性効果がなくならない・・ことが確認されています。
クリスパタス菌は体内でも活性効果が高く、いろいろな効果が期待できる乳酸菌だと言われています。

この・・

「クリスパタス菌」を配合した乳酸菌サプリメントが
「ベビー乳酸菌」です。

しかもベビー乳酸菌にはビフィズス菌、オリゴ糖、食物繊維など相乗効果が高まる成分も含まれています。そのため腸内環境改善に高い効果を得ることができます。

さらに注目したいのが、クリスパタス菌の免疫力増加にかかわる力です。
クリスパタス菌には、植物性や動物性などのほかの乳酸菌と比べて体の免疫力保持がかなり優れていることがわかりました。 そのため、クリスパタス菌を私たちの体内に直接取り入れることで免疫力の向上が期待されるという事がわかっています。

つまり風邪にかかりにくくなったり、疲労回復のサポート効果が高まるなど、有用な効果を数多く実感できることから(これは人によって感じ方がちがいますが)、健康維持にかなりの効果を発揮する乳酸菌として注目を集めています。
男性は家族のために必死に働いています。 体調が少しくらい悪くても簡単には休むことができないのが現状です。 女性にいたっては子育て家事と代役がいない毎日を送っています。代役がいないのでもし体調を壊すと家族みんなが困ってしまうのは明らかです。

ベビー乳酸菌は健康的な毎日を送るサポートを強力に行ってくれる健康補助食品となっています。

自分は「虚弱体質」だ、もしくは虚弱体質かもしれない。 あなたが体力に関して虚弱だと感じている場合は、ベビー乳酸菌をこの機会にぜひ試してみることをおすすめします。
ベビー乳酸菌を毎日恒常的に体に取り入れることにより、腸内の善玉菌を確実に増加させながら、きっとあなたの毎日の体調をしっかりとサポートしてくれるはずです。

-ベビー乳酸菌

Copyright© ベビー乳酸菌 口コミ情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.